債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなるということは有名です。これは、任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が記載され、金融機関にその情報が見られてしまうことが原因です。
個人再生や自己破産をすると、借金の元本が大幅に減額されるか、ゼロになりますので、金融機関にとっては大きな損害です。

債務整理をさらに詳しく調べてみませんか。

任意整理では減額するのは利子のみなので、元本は回収できる上、それまで支払われた利子の分は利益が出ているのでそれほどイメージは悪くありません。

All Aboutの喜びの声を頂いています。

しかし、返済困難に陥り、法律の力を借りて借金を減額するという点では共通しており、過去に債務整理をしていると金融機関の審査には通らなくなるのです。

クレジットカードに関わらず、カードローンや自動車ローン、住宅ローンの審査にも通りません。さて、それではいったいどのくらいの期間影響するのかと言いますと、およそ5年から10年間です。


任意整理では、任意整理をした時点からおよそ5年間個人信用情報に記録が残ります。

個人再生と自己破産では、CICとJICCにはおよそ5年間記録が残りますが、全国銀行信用情報センターにはおよそ10年間記録が残ります。



消費者金融や信販会社では全国銀行信用情報センターに加盟していないところも多いので、およそ5年間が経過すれば審査に通るようになることはあります。

銀行は原則として全国信用情報センターに加盟しているので、自己破産や個人再生をすると銀行の審査にはおよそ10年間影響すると見ていたほうがいいでしょう。